和服の知識を得ておく|振袖はレンタルでゲット|女性らしさが引き立つ
レディたち

和服の知識を得ておく

生地

デリケートなので

近年、着物が若者に見直されるようになってきました。しかし、和服の知識が少ない人も非常に多いです。着物はデリケートなので、扱い方を知っておきましょう。脱いですぐにタンスにしまうというのはNGです。まず、着物で出かけて帰ってきたら、まずはきちんとホコリを払うことです。そして、ハンガーにかけて湿気を飛ばしましょう。ホコリを払うにはブラシをかけなくていけないと思っている人もいますが、そこまでする必要はないです。脱いだ着物や帯を大きく振るだけでOKです。また、袖の中にハンカチやティッシュを入れたまま忘れてしまうこともよくあります。きちんと確認しましょう。そして、ハンガーにかけて2日ほど経過したら片付けることです

水溶性の汚れ

着物といっても素材はさまざまです。中でも、正絹の着物は人気が高いですが、これを着るときは色々注意する必要があります。とくに、汚れには気をつけなければいけません。汚しやすいシーンといえば、飲食の場面が挙げられるでしょう。ソースや飲み物をこぼしてしまった場合、つい濡れたおしぼりで拭いてしまいがちです。しかし、正絹の着物にこの行為はNGです。生地が大きなダメージを受けるのでやめましょう。また、おしぼりの水分で汚れが広がり、輪ジミになってしまう可能性が高いので気をつけることです。汚れてしまったら、乾いたタオルやティッシュで油分や水分を押さえる程度にとどめておきましょう。そして、あとはプロに任せることです。